デスチェスト

提供: ry's minecraft server wiki
移動先: 案内検索

当サーバーでは「ClearLagg」を導入しているため、敵などにやられた時の遺品がエンティティ除去機能により消えてしまう事があります。

その事象に対する対応策として「SavageDeathChest」を導入しています。

死んだ時点のインベントリが入った「RIP」(安らかに眠れ)と書かれた看板が張り付けられたチェスト(棺桶)が死んだ場所に作られます。
なお、回収時はスニーク(シフトキー)しながらチェストを叩く(左クリック)すると、一気にインベントリに収納されます。

なので慌てずに遺品を回収出来ます。
ただし、このチェストは1時間ほどで中身ごと消えますのであまりゆっくりし過ぎないようにして下さい。
また、経験値オーブとかは回収されませんので、そちらはエンティティ除去機能により消滅している場合があります。

ちなみに、このチェストは持ち主以外には開けられないので、他の人にアイテムを拾われる恐れが少なくなります。(LWC保護と違い、管理者でも開けられません。)
壊したり、中身を回収すると自動的にチェストが消滅します。

しかし、砂利による窒息などで閉鎖空間で周囲に空間が無い時はチェストが置けないため、普通のサバイバルと同様、インベントリの中身を周囲にぶちまけます。
ちなみに溶岩ダイブの場合は溶岩の中にチェストが作られますので、回収は難しいです。(浅ければバケツでチェスト上の溶岩を取って回収出来ます。)

なお、この機能はサバイバルワールドのみの機能となります。
クリエイティブワールドでは生成されません。